category: 風水と私  1/1

私にとっての風水(8)

数多くのサイトの中から訪問ありがとうございます。青木美由紀です。風水は自分自身の意志によって運を味方につけることも遠ざけることもできます。持って生まれた運気は悪くない人がなぜ病気になったり物事が進まないことがあるのか不思議で風水に興味を持ちました。調整することによって滞っていたものが少しづつ流れ出し本来の運を最大に後押しできる、、、それが風水だと思っています。目に見える環境による影響と目に見えない...

  •  -
  •  -

なんとなく感じる違和感は大切に(3)

風水と私、その⑶です。前の家は住んで1年半経ったくらいに夫の体調不良となりました。実はその時頭の向きや寝室の場所の他にも気になるアイテムがありました。アイテムとは『石』です。旅行先ですごく綺麗な石があったので数個持ち帰って家に置いていました。始めは特に何にもありませんでしたが、むしろパワーをもらっている感じ。でもそのうちなんとなく違和感を感じ出して少し怖くなってきました。そもそも元ある土地から石を...

  •  -
  •  -

何が理想?何を求めているの?を真剣に心に聞いてみたら(7)

この家に引っ越して主人の仕事の役割が変わり、その後、独立、今は会社を立ち上げ家で一緒にご飯を食べたり、飲む事がとても増えました。私は今の家が好きでとても落ち着きます。それまでの家は必要に迫られて探す事が多かった。予算の関係上そこしかないとか、立地条件が合うとか、引っ越しをして場所替えをする事が好きだったので家に対しての好き、嫌いはそこそこ綺麗で住めればいいかなというくらい。でもそのほとんどには「引...

  •  -
  •  -

とにかく自分で実践と検証の繰り返しです(7)

まず何事も実験と検証。我が家で色んな化殺の方法を試してます。『漏財宅』『壁刀』『梁』室内の造りでいうと大きなものはこんな感じ。少しづつ試してます。『なんか違う』『気がいい!』『眠れない』『眠れたー』『この部屋好き』『流れが悪い』一般的に日本の風水として広められたメジャーな方が書いていた本を真に受けていた時期がありました。それによると➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖西に黄色いもの♬カーテンはピンクなど華やかなもの♬東に...

  •  -
  •  -

親友の乳がんが住まいに出ていたこと(6)

数年前、親友が乳がんで手術をしました。素直で、明るくて、とても優しい彼女。そんないい子が大病するなんて!と一同ショック。風水を勉強するにあたって家族以外で一番初めに彼女の家を見せてもらいました。すると驚いたことに「健康・人間関係の入囚」の家。というのは健康、人間関係に少し苦労するかもという事。それだけならまだしも住んでいるマンションの外には悪いエネルギーの方をサポートする建物があるし、<乳がん>と...

  •  -
  •  -

フライングスター風水に出会った時の衝撃(5)

いつも風水でお世話になっている方の流派を基本に勉強していました。いづれはその方に教えていただきたいなぁ〜でもその前に自分である程度のことは知っておきたい!ととにかくいろんな本を読み漁りました。その方の鑑定法は八宅派だったのですが八宅だけでも書籍によって解釈も違えば座向の取り方が違ったり、また、バグアマップやピュア風水や家相や、とにかくたくさんあります。風水にもこんなにたくさんの流派があると知り根本...

  •  -
  •  -

突然の体調不良に見舞われて(2)

現在家へ引っ越す、その前の家、夫が猫を飼いたいというので16回目の引越しは急遽探した家でした。猫飼育可の物件がなかなか見つからない中、唯一前々の家から徒歩30秒という場所は願ったり叶ったり。猫飼育可の物件であれば間取りなんてどうでもよくで住めれば良いというくらい少ないんです。2DKのその家は独立部屋になっていたので使い勝手は悪くなかったです。ただ、、、、、エントランスの空気が悪い。。。1階からただなら...

  •  -
  •  -

引越魔だった私が風水に興味を持った訳(1)

私がサロンを辞めて風水をやりたい!と思ったのにはたくさんのキッカケが積み重なったものです。以前も書いたことがありますが私は「家」に対して22歳で家を出るまで家コンプレックスのようなものがありました。それはそれは古い小さな借家に住んでまして、父がお酒を飲むと一瞬で匂いが充満する。納豆を食べると一瞬で匂いが充満する・・・苦笑4畳半の部屋は砂壁で下から半分以上は無くなってむき出し。窓を開けると蛇が入って...

  •  -
  •  -

What's New