風水鑑定では真北ではなく磁北をみます

  02, 2018 07:00
こんにちは、
青木美由紀です。

風水鑑定では
訪問の場合も、
訪問ではない場合も
まずはじめに
メインバルコニーの方向や
玄関の方向、
また、
マンションであれば
エントランスなどの方向をお伺いします。


ざっと下準備をしておきたいからです。


この時、
教えていただきたい方位は
【大体】で大丈夫!


わかりました!
『方位磁石を買って調べます!』
『明日、きちんと測り直します!』
と言っていただける
本当に優しいクライアント様に恵まれ
本当に嬉しい限りです。



ですが風水は一般的な磁石での方位では
計測が出来ませんので、
おおよそで大丈夫なんです^ ^


なぜかというと、
お住まいになる場所によって
鑑定でみる方位が変わります。

磁石は真北、
風水の方位は磁北、
を使用します。


この図↓ですと、
福岡なら7度前後、
北は西に傾きます。

これを
偏角といいます。

たった数度ですが
正確な方位を割り出すのには
重要な角度。



また、この円の外側にある、
壬、子、癸、丑、艮、寅、、、

360度を24で割った15度の範囲で方位が決定するのです。
たくさんの風水術がある中で
玄関の方向が分かれば鑑定できます、
というものが多いのですが、
実はもっと複雑なのです。
関連記事

What's New