寝室に使うお部屋で最も避けたかった場所

  20, 2017 15:10
鑑定結果のご報告例です^ ^

先日伺ったご自宅鑑定。

お父様の骨折があり
今後リフォームなどあるとすれば
風水を考慮したいとのことでの鑑定依頼でした。

o0480064113884619682.jpg


鑑定の結果ですが、
お父様が足を骨折することも、
間取りを見せてもらって
導き出せることでした。


お父様は
和室でお休みされるのですが
ここの飛星は
5・3

2023年までの第八運では
この5という数字はネガティヴなエネルギーです。


突発的なケガ、トラブル
そして象意は
左足、左手、肝臓の病気などに気をつけること。


お父様の足はどちらの足でしたか?と
伺うと


左足の太ももだったそうです。


寝室の和室のカーテンはいつも締めたままで
大きなタンスを壁に配置することで
閉じられた空間、になってます。


これは5のエネルギーを増幅、サポートするものですので
陰を作るべきではありません。


そして
お父様の命卦は3なので
特に悪いエネルギーを受けやすかったようです。

リビングにかかる場所にも
年運5が来ていて
3と出会ってます。


このまま寝室に使うなら対策が必要ですが、
出来ることなら場所を変えることが1番。


幸い場所を変えることが出来るとのことでしたので、
別部屋へ移動し、
この場所はカーテンを開け、
活動的な場所に使ってもらうことをオススメしました。


隣のリビングにまだ弱いですが
進気の1があり
玄関の旺気の8が和室の3と河図になっています。

玄関と和室は図面では壁に見えますが
仕切りは開けることができるので
開放することで
アクティブなエネルギーが流れてきます。


その点を考慮すると
玄関は少し寒々しく、
明かりがついてないので
玄関の電気はいつもつけてもらうことにしました。


大きな家具を動かしたり
大変なこともありますが、
比較的すぐに出来ることが多々あります。


玄空飛星は
時間的エネルギーを考慮できます。


だからと言って
使う場所をいつもいつも変えなければならない
という訳ではありませんので
安心してくださいね。


お父様やお母様の荷物が本当に多くて
断捨離や風水対策を全て終わらせるのには
時間がかかるかもですが、
少しづつでもコツコツとすることで
気持ちの整理にもなります。

鑑定を踏まえて
これからリフォームに入るそうですので
どう変化していくのかとても楽しみです^ ^



青木美由紀


****鑑定のご依頼はこちら****
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d8225a93490618
関連記事

What's New