フライングスター風水に出会った時の衝撃(5)

  20, 2017 16:10

いつも風水でお世話になっている方の流派を基本に
勉強していました。

いづれはその方に教えていただきたいなぁ〜
でもその前に自分である程度のことは知っておきたい!と

とにかくいろんな本を読み漁りました。

houizu.png

その方の鑑定法は八宅派だったのですが
八宅だけでも書籍によって解釈も違えば

座向の取り方が違ったり、

また、
バグアマップやピュア風水や家相や、
とにかくたくさんあります。


風水にもこんなにたくさんの流派があると知り
根本的にどのように派生したか
そこの整理からでした。


これが時間かかりましたー。


しかしそこがわからないと
看法がごちゃまぜになってしまう。


それは気持ちが悪かったのではっきりさせたかったのです。

そこからようやく始まった八宅派。


一通り八宅を勉強し終えたところで
なるほど、と思う反面
これは一生続くエネルギーなのかな?
人にも土地にも繁栄と衰退があるのに
家は変わらないのかな?


という疑問を抱くように。


そこで出会ったのが
玄空飛星派、
簡単に言うとフライングスター風水
です。


家にもエネルギーがあって
それをどう活かすか?


八宅派と玄空飛星派を両方みると
理にかなった看方ができるのではと思いました。

とにかく衝撃で、必死に勉強しました。

そして風水の基本を押さえつつ
応用にて我が家と母宅の
実験と検証の繰り返しでした。


夫も母にも説明や
小さい事で何を変えたかは内緒にして
密かに、密かに 笑


2人とも敏感なので
説明しなくても感想が的確でした^^


今も実験と検証は続きます。


見えないエネルギーは
見えないだけに分かりにくいですが
なんとなく感じたり
なんとなく行動する事ありますよね。

掃除をしたら清々しい、とか
やらなければならない事にまだ手をつけられなくて
気が重い、とか

どっちも気持ち。

その気持ちが「なんとなく」でも
プラスのエネルギーになるよう
働きかけてくれるのが風水かな、と。


夫の不眠と
母の頭痛が、

ベットの配置によって改善したのには
驚きました。

ベッド35

母の毎朝の頭痛については
家具の配置をパターン1〜3まで試した所
ある朝から消えまして
再発していません。

母も何年も悩まされてきたのになくなった!
と驚いていました。



これによって
風水って人生の運気の底上げをしてくれるんだ!と

大好きになったんですねー。



青木美由紀


****鑑定のご依頼はこちら****

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d8225a93490618
関連記事

What's New