知っているのと知らないでいるのとでは大きな違いがあります

  30, 2017 10:10
街で見かけた建物の事を。

最近はデザイナーズの建物が増えましたね。


デザイナーズは複雑なものも多く、
カッコよくて
同じマンションででも
お隣さんとは違う間取りだったり、

遊びに行くと
とても楽しみでもあります。

でも
風水ではなるべく
四角に整った建物の方が断然良いです。

例えば下の建物は

IMG_7941.jpg

(矢印は『下向き』ではなくて手前を向いてると思ってくださいね)

写真では少し分かりにくいのですが
建物は道路に対して平行ではなく、
若干左に角度を付けた造りになってました。

一階の飲食店玄関は正面(道路に対して平行)向き。
少し角度を付けているんですね。


例えばこの建物の鑑定の際建物と同じ向きだと
否定的な影響を受けそうだという結果の場合、


◆否定的なエネルギーを
回避し良いエネルギーを受けるために造作して
角度をつけるという手があります。


知らないでこのように造作しているなら
その逆もあり得るかもですね。



現在避けておきたい否定的なエネルギーの範囲に
このパターンの玄関が入っているなら、
玄関の向きを数度傾けて良い方向に向けることで
大きな対策となり悪いエネルギーの影響は回避できるのです。



対してこちらの下の写真2は
建物が道路と平行で一階の飲食店の玄関も
同じく道路に対して平行で正面向き。

IMG_7943.jpg


一般的には上の写真のような造りが単純で分析し易いです。


複雑になればなるほど
気の流れも複雑になったり
対策が困難な場合もあります。


それからまた歩いていると
あるホテルの前を通りかかりました。
(ここは人通りがかなり多いので写真は控えました(^_^;))

ホテル一階は外部にも開放しているレストラン。


私も以前ランチに行きましたが
リーズナブルでとても美味しかったのを思い出します。


このレストラン入り口の正面には
大音量でラジオ?を流しているショップがあります。


もしこのレストラン入り口の範囲に
好ましくないエネルギーが入っているとするなら
この大音量のラジオは
否定的なエネルギーを活性化していることになり、
お客様は減少するかもしれません。


逆に
好ましいエネルギーなら
その音の影響でとても繁盛していると思います。


こちらも風水チャートは測っていませんが

以前に比べて賑わってるレストラン、
という感じはありませんでした。


レストランの趣向もコロコロ変わるようで
最近は全く行っていませんが
私的には昔の方が好きだった、かな?


玄関は風水をみる時に重要な場所の1つです。


良いエネルギーは伸ばしたいですが、

悪いエネルギーであれば何かしらの対策をしたいものです。


風水は決して恐れさせるためにあるわけではありませんし、
悪いエネルギーを回避するために、
高額な商品を購入してもらう商売ではありません。


生活の一部として楽しみつつ
取り入れてもらえるととても嬉しいです。


青木美由紀
関連記事

What's New